« 物件はやはり見てみないとわかりません | Main | 65分の7 »

世界共通語はやっぱり英語?

2月3月、本当にお部屋探しをされる方は激増します。
先日ご案内したときのお客様は
奥様が日本人、ご主人はアルゼンチンの方でした。
ご案内中のご夫婦の会話は英語。

プレミアム日本橋店は中央区立地ということもあって、外国人の方からの問いあわせは少ないです(青山店の半分じゃないでしょうか?)。が、パートナーが外国人という方は昨年の4倍くらい増えています。
プライベートや仕事でのパートナーが
オーストラリア人、カナダ人、デンマーク人、スウェーデン人、フランス人、ドイツ人、イギリス人、モンゴル人、中国人、韓国人、インド人、、、。
もちろんハーフやクォーターの方もいらしゃいます。
あれれ???
実はアメリカ人の方とご一緒したこと一度もありません。
でも案内時の会話は英語。

日本人の方をご案内しているときでも、携帯にお電話がかかってきえて、「ちょっと失礼します」とお出になると、いきなり英語をペラペラってことも多々あります。

う~ん、都心に住む方は英語でコミュニケーションとれるのが普通なのかしらん?
やはり世界共通語は英語のようです。

娘には、やはり英語が話せるようになって欲しいですね。
だって、諸外国の方ともっと色々お話できたら、ぐ~と視野が広がって、仕事だけでなくプライベートでも楽しいと思いますから。

PS:先週末久しぶりに歌舞伎を拝見しました。日本の文化を知るというのも、楽しく、意義深いことと思いました。

|

« 物件はやはり見てみないとわかりません | Main | 65分の7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界共通語はやっぱり英語?:

« 物件はやはり見てみないとわかりません | Main | 65分の7 »