« August 2005 | Main | July 2006 »

キッズサークルを主催する

会社でキッズサークルを立ち上げました。
今日はその第1回イベント
葛西総合レクレーション広場でピクニックです。
バラの花咲き乱れるフラワーガーデンというのがあり、その噴水の前が待ち合わせ場所。
そう“水”の前・・・。
集合時間には、すでに水も滴る子ども達が数名おりました(笑)
ともあれ12家族15人の子ども達、パパも2名参加で、総勢29人で公園をのんびりお散歩し、
緑の芝生の上で、ランチタイムをとったのでした。
食べるのも早々に、芝生をかけまわる子ども達。
恥ずかしがり屋さんも、いたずらっ子も、
下はあさってが1歳の誕生日というベビーカーっ子から、上は5歳9ヶ月まで、
子犬のようにじゃれまわり遊んでいました。

復職して頑張っているママも家庭を守るママもいます。
サービス業の弊社で社内結婚している家庭では、パパは土日も仕事。
シングルのときから一緒に仕事をした仲間あり、後輩あり、先輩あり、
ママになってはじめて、交流のできたママあり、
もちろん今日がはじめてお会いしたというママもいます。
子育てをする親として、
子どものこと仕事のこと、色々とお話できた1日でした。

みんなのお名前を覚えるお名前オリエンテーリングもしました。
参加賞のシールにはみんな喜んでくれたようです。

何より天気に恵まれ、芝生の上でそよ風にふかれながら、
子ども達の元気な姿をみながら過ごす時というのは最高ですね。

あんなに人見知りだった私の娘も、5歳をすぎ初対面の人とも元気に遊んでいます。
1,2歳児のママは昨日もまだまだのんびり座っていれませんでした、
必ず子どもが巣立っていくときがあります。
もう少しです。

みんなの「ありがとう」のメールうれしかったです。
次回のイベントまた考えますね。
では、今日も頑張ろう。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

扶養の範囲で働く

最近パートの方の面接をすると、
ご主人の扶養の範囲で働きたい、という方がいる。
年収103万(85833円/月収)をこえると、ご主人の配偶者控除(38万)の対象からはずれる。
また年収130万(108333円/月収)をこえると社会保険料も自分で負担することになる。
だからって考えると1日9時~5時まで働いてもらうと週3日も働けるかどうかである。
週4日とか5日働くとなると10時~15時とか時短にするしかない。
どうしても一律主義の日本企業ではパートの単価を上げるのが大変ということになる。
本当に収入を得たい人にはよけいなお世話さまだ。

これから先労働力はどんどん減少していくというのに、
働く意欲があり、健康で能力のある女性が、結婚したいうだけで
働く時間や環境をえらばなくてはならないというのはどういうことだろう?
また出産しても仕事を続けたいという女性にとっては、こどもを預ける保育先の確保や保育料の経済的負担はあいもかわらず大きい。

ここんとこ、大きく改革してもらいたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子どもの病気 腸重積

お友達のお子さんが腸重積になりました。そういえば昔私の従姉妹もなりました。
腸重積は腸の中に腸が入ってしまう病気で6ヶ月~2歳までの乳幼児に多く発症します。発症して24時間以内に対応すれば腸を正常に戻すのは簡単ですが、24時間以上たつと手術が必要な場合もあります。お子さんを持つママには是非知っておいて頂きたい病気です。
症状は突然の腹痛。乳幼児なので、不機嫌になり火のついたように泣きます。顔面蒼白になったりぐったりしたすることもあります。大体の場合嘔吐し、発病から12時間くらいたつとイチゴゼリーのような血便が出ます。
病院にいって、肛門から造影剤や空気で圧を加え腸を元に戻してもらいます。原因は不明です。
詳細は下記HP
メルクマニュアル(こどもの病気)

こどもの病気は親も辛いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子育てしながら働くということ

保育園に預けて、お迎えはえギリギリ19:15
毎日残業できず、土日もできれば休みたい。
シングル時代とは異なる働き方、時間の使い方をしなくては、毎日がまわらない。

後輩達が次々と妊娠していく(少子化ってほんと?!って思うほど。)
仕事は何か続けていたい・・・。
後輩達も家にじっとしていられないタイプばかり。
でも子どもは急に熱もだすし、
ママは時間の成約をうけながら仕事をしなくてはならない。
復職には、周囲の理解が必要不可欠。

生んで初めてわかることも多い。
心構えや考え方やら必要なキャリアやら育児のことやら、
後輩に伝えたいことがあるかな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | July 2006 »